実践記ブログのキーワード選定とジャンルの幅を広げた話




先月の記事で、新しい実践&検証ブログである「掃除ブログ」を立ち上げると書きました。すでに外注さんに100記事を発注しており、あとは早期の記事納品が待たれるところです。

で、今回の記事では、記事外注に当たっての「キーワード選定」について書いていきたいと思います。久々に記事を外注したのですが、色々と作業を見直すポイントがあったので、こちらを紹介したく思います。


たにぞー流の記事依頼方法

ブログのジャンルが決まったら外注さんに記事の依頼をするのですが、ここで僕が意識しているポイントは、こちらで記事のタイトルを考えてあげることです。キーワード選定や記事のタイトルを付ける部分まで外注さんにお願いする方もいらっしゃるようですが、こちらはあまりオススメできません。

なぜならば、この部分こそがアドセンスで稼ぐために一番必要だからです。つまり、このキーワード選定こそがアドセンスブログの記事入れで一番難しい部分であり、稼ぎに直結する部分なのです。ここを外注化してしまうと、自分自身のキーワード選定経験が浅くなり、稼ぎ出すまでに時間がかかってしまうのです。

この部分は経験で覚えていくしかなく、失敗から学んでいくしかありません。情報教材や各種ブログなどで、上手な選定方法も紹介されていますが、実際に稼げるか?の部分はやはり実践してみるしかないのです。


キーワード選定に関して

で、僕がキーワード選定で使用するサイトは以前の記事でも紹介したサイトとなります。特にQ&Aサイトはライバルが少ないのでオススメです。

ここで記事のネタ(キーワードで言えば一語目と二語目の部分)を仕入れたら、あとは各種キーワードツール(goodkeyword・関連キーワード取得ツール・キーワード プランナーなど)でチェックして終わりです。ある程度、自分で使えるキーワードの基準を決めて、作業的にバンバンチェックをしていきます。

ここで意識したいのは、自分なりの直感というかひらめきです。「これはツール的にはダメだけど、もしかしたら需要があるかも・・・」という部分のことですね。ま、これは数をこなしていくしかないのですが。ツールに現れない美味しいキーワードは、過去の経験から導き出すしか無いわけです。


そして、集めたキーワードを元に記事のタイトルを作っていきます。この際の注意点ですが、このブログでは何度も書いているように「言葉として不自然にならないタイトル」にしなければいけません。露骨にキーワードを狙うと、あとから目視チェックの餌食にされる恐れがあるからです。


新たに「洗濯ジャンル」も追加

で、このようなやり方で合計100記事分の掃除記事タイトルを作っていっていたのですが、ここで大きな問題が出てきました。それは、“意外と記事にできる話題が少ない”という点です。

キーワードを集め始めるまでは、「300タイトルくらい余裕でしょ~」くらいの感覚で作業をしていましたが、思ったよりキーワードを広げられないのです。家の中で掃除する部分なんか限られていますから、すぐにネタ切れになってしまいました。時間をかければ少しずつアイデアを絞り出せるのでしょうが、悩んでいる時間がもったいないので、急遽ジャンルの幅を広げてみることにしました。


以前、記事にした検証ブログで、「掃除ジャンル」と比較的親和性が高い「洗濯ジャンル」もそこそこ需要があることは分かっていたので、掃除だけに限定せず洗濯までブログの内容を広げてみます。

「洗濯ジャンル」も日々の生活に欠かせないですからね。これにより、毎日アクセスを集める記事をバンバン量産していきます!まだ外注さんから記事が納品されていませんが、近日中に大量納品される予定なので、ようやく「毎日稼ぐアドセンスブログ実践記」がスタートします。

続き⇒毎日稼ぐ特化型アドセンスブログの実践&検証を開始します!

おすすめの外注講座

ブログ構築作業を全て外注化するマル秘テクニックとは?

完全放置で報酬を発生させる方法を、『FAAP』作者・草薙さんのメルマガで公開中!しかも限定プレゼント付き!!

外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック


gaityu336.png


ブログ運営者


ブログ運営者のたにぞーです。

このブログでは、副業でアフィリエイトを実践したい方へ贈る、僕のアフィリエイト経験をまとめたブログです。

※たにぞーの詳しいプロフィールはこちらから↓

プロフィール

お問い合わせ

アドセンス推奨教材
アドセンスブログ実践記
アドセンス初心者講座
カテゴリー
ブログランキング参加中

人気記事ランキング(過去30日)