アドセンスブログ用の外注記事が納品されたら必ず確認しておくこと




先日の記事でも触れていたように、外注ライターさんにお願いしていた「掃除・洗濯ジャンル」の記事が20記事上がってきました。全部で100記事をドカンとお願いしているので、まだまだ2割の納品になりますが、ようやくまとまった記事が揃ったので、これからブログの運営開始となります。

というわけで、今回の記事では、外注さんから上がってきた記事のブログ投稿作業について書いていきます。


外注ライターさんとのやりとり

今回は記事単価を上げているだけあって、1記事あたりの文字数、内容も申し分ない仕上がりとなっています。もちろん、以前から良質な記事を納品してくれている方ですが、いつもに増して気合が入っているように思います。

やはり、外注ライターの選定作業や教育は面倒なので、同じ人と長く付き合っていくに限ります。そのためには、定期的な記事単価アップは欠かせませんね。

また、この外注ライターさんは、いつも納品が早い方ですが、今回は1週間で20記事(1記事あたり1,500文字~2,000文字程度)を仕上げてくれました。ブログ運営序盤は、とにかく記事数が物を言うので、このスピードは非常にありがたいですね。


僕の場合はワード形式で納品してもらっています。これは人によって様々ですが、次でも触れるコピペチェックツールの関係で、毎回この形式でお願いしています。アドセンスブログ実践者の中には、ワードプレスのパスワードを教えておいて、ブログに直接記事を入れてもらうやり方をしている人もいますが、コピペチェックの際に面倒なので僕は行っていません。


コピペチェック

そして記事が納品されたら、次に行わなければならないのが「コピペチェック」です。今回は信頼できる外注さんから納品された記事なので、ここを省いても問題ないですが、一応チェックはしておきます。チェックと言っても、ただ記事をツールに読み込ませてボタンを押すだけなので。

この作業は、新規の外注さんを雇った場合は必須です。適当な記事を納品してくる方も稀に存在するので、コピーサイト扱いされてGoogleからペナルティを受けないための対策です。

また、他人のサイトやブログから記事を盗用するのは著作権的にもマズいですし。記事を納品してきたのは外注さんでも、最終的には仕事を発注したコチラの責任になってしまいます。


で、コピペチェックツールですが、僕は「コピペリン」というツールを利用しています。これは年額6,480円で使い放題のツールなのですが、他の無料ツールと違って、外注記事をツール画面にイチイチ貼り付ける作業を必要としません。ワード形式のファイル(メモ帳とかでもOK)をドラッグ&ドロップすれば、自動的にツール画面に文字が貼り付けられていきます。

この手間が気にならない人は無料のツールで代用可能ですが、僕は外注記事数が多いので効率化のために有料ツールを導入しています。ま、ある程度稼げるようになったら、これくらいの投資意識は必要ですよね。

いつもで経っても、単純作業に無駄な時間を使っていては大きく稼げるようになりません。もちろん、無料のものよりチェック精度も高いですし。

コピペリン


目視チェック

次に行いたいのは「目視チェック」です。今回は信頼できる方なので行っていませんが、新規で仕事を発注した方には必ず行うようにしましょう。

たまに、文法がメチャクチャな方、句読点の打ち方にクセがありすぎる方、一文が異常に長い方など、非常に独特な記事を納品してくる方がいますので。書き直しをお願いしても改善される可能性は低いので、次からは仕事を頼まないに限ります。

僕の場合は、さっさと全記事を納品してもらって、報酬を支払って契約終了にしています。そのため、新規で仕事を契約した方には少ない記事数を依頼するようにしています。


そして納品された記事は、全て自分で書き直すようにしています。こちらは教育者ではなく、ただの発注者(仕事としてやっています)なので自分の貴重な時間を使ってまでライティングの指導をする必要はありません。それなら、腕の良い外注さんを探した方が早いですから。

続き⇒記事外注ならアドセンスブログへの記事大量投稿を可能にする


ブログ運営者


ブログ運営者のたにぞーです。

このブログでは、副業でアフィリエイトを実践したい方へ贈る、僕のアフィリエイト経験をまとめたブログです。

※たにぞーの詳しいプロフィールはこちらから↓

プロフィール

お問い合わせ

アドセンス推奨教材
アドセンスブログ実践記
超効率アドセンス
アドセンス初心者講座
カテゴリー
ブログランキング参加中



にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

人気記事ランキング(過去30日)