記事校正(ブラッシュアップ作業)の外注化が意外と便利だった件




『FAAP』の実践ブログ運営を12月1日から立ち上げ、一日1記事をペースに毎日記事を入れ続けています。現在は特に目立って書くようなことはありません。そもそもアクセスが来ていないので・・・。

『FAAP』はアドセンスブログ記事投稿の各工程を全て外注化してしまおうという教材ですが、この教材を買って僕が初めて挑戦した工程が、今回の記事のタイトルにある「記事のブラッシュアップ作業」です。


FAAPのマニュアル通りに外注化

この『FAAP』を手にするまで、僕が行っていた外注作業は「記事を書いてもらう」だけでした。これだけでも十分に満足できるものでしたが、書いてもらった後も面倒な作業があります。

中でも面倒なのは、記事をチェックして文字を装飾、さらに適切な画像を収集する作業です。なんと『FAAP』では、この面倒な作業が一つの工程として外注さんに投げることができるのです。

で、実際にマニュアルに沿って外注さんを募集したところ、すぐに人が集まってきました。二名の応募が3時間のうちにあったので、焦って募集を途中で打ち切り、2名にはサンプルを提出してもらうことにしました。

『FAAP』に付属している外注さん用の作業マニュアルだけでは、僕好みのブログ原稿にはならない(細かい点ですが文章の改行方法など)ので、その都度外注さんには指示を出しました。

その際に見本にしてもらうサンプルブログを準備しておいたので、スムーズに指示を出すことができました。ちなみに、僕から『FAAP』を購入してくれた方は、このサンプルブログを利用することができますよ。

1名はサンプルを提出せず音信不通になりましたが、もう1名の方が手慣れた方だったので、とんとん拍子に契約となりました。聞けば、何度も同様の仕事をこなしたことがあるようで、一発目から良い方と出会えました。


画像収集が本当に便利だった

特に助かった点は、外注さんがフリー画像収集サイトの有料会員だったので、良い画像を一気に収集してくれることです。僕が毎回利用している大手の画像サイトは、有料会員にならないと一日のダウンロード数に制限があります。

1記事に複数枚の画像を使用したいので、何日かに分けてダウンロードしていたのですが、これが意外に手間で面倒な作業だったのです。なので、今回の方と契約できたのはラッキーでした。

この外注さんに記事を送るだけで、文章の校正と文字の装飾が終わり、適切に文章の改行が終わった記事が納品され、関連の画像も収集してくれるのだから、これを自分で行うことを考えたら本当に便利です。


文字を大幅に削ってくれるアクシデント発生

ここまでは良い点ばかりを書いていたのですが、最後に悪かった点も一つ。僕は外注ライターさんに1記事あたり1,500文字以上で原稿をお願いしています。

中には文字数稼ぎのために、本文とは余り関係ないような文言を書いてくる方もいます。今回の校正作業(ブラッシュアップ作業)の方に、このような記事の校正をお願いしたところ、なんと半分以下の文字数になって帰ってきました。

確かに、本文とは関係ない文章が多かったので削られて当然なのですが、「なにもそこまでしなくても・・・」と思ったので、次回からは気を付けていただくように指示を出しておきました。

これもバランスの問題なので仕方がないのですが、さすがに1,500文字の原稿を600字まで減らされたのでは、記事を書いてくれたライターさんの立場もないでしょうからね。

別にライターさんに校正後の原稿を見せるわけではないのですが、少し悪い気がしたもので。もちろんGoogleの評価的な点も踏まえて、今後は控えていただくようにお願いした次第です。


まとめ

初めて挑戦した校正作業(ブラッシュアップ作業)ですが、実際にお願いしてみると非常に便利でした。自分でやるより早くて、仕上がりも良かったので、まだ外注化していない方には挑戦をオススメします。

次の工程は、校正された記事をワードプレスに投稿する作業があるのですが、こちらは未挑戦です。現在は自分で投稿していますが、こちらの作業もそのうち挑戦してみたいと思います。

続き⇒キーワード選定もそろそろ『FAAP』で外注化してみたいのですが・・・


ブログ運営者


ブログ運営者のたにぞーです。

このブログでは、副業でアフィリエイトを実践したい方へ贈る、僕のアフィリエイト経験をまとめたブログです。

※たにぞーの詳しいプロフィールはこちらから↓

プロフィール

お問い合わせ

アドセンス推奨教材
アドセンスブログ実践記
超効率アドセンス
アドセンス初心者講座
カテゴリー
ブログランキング参加中



にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

人気記事ランキング(過去30日)