アドセンスブログの効率的な記事の書き方




これまで色々とアドセンスブログを実践してきた方を見てきましたが、結局「記事が書けない」ことが原因で、ブログを継続できずに辞めてしまう方が多いです。

ですが、ここさえ継続実践できればアドセンスで報酬を上げるのは難しくないです。

結局最後は根性論になりますが、とにかく数を書けば自然と慣れていくと思います。「どうしても面倒臭い」という方は、他の人に書いてもらうのもアリです。今時は、ランサーズやクラウドワークスなどの外注スタッフを探すサイトも用意されていますので。

しかし、これらを利用するのは、最低限の記事が書けるようになってからにしてください。満足に記事も書けない人は、他人の文章の添削ができません。


記事タイトルと記事内容を合わせる

これは僕の持論になりますが、タイトルと記事に開きが大きい場合、Googleからスパム判定を受けやすいです。この判定を受けてしまえば、ブログ全体が検索結果に表示されなくなります。つまり、終わりです。

記事が検索結果の上位に表示されるようになると、次は機械ではなく人間の目でチェックされるようになります。一般の多くのブログ訪問者もそうですが、Google関連の人間もブログをチェックするようになります。

その際に、タイトルだけで検索に引っ掛けるようなブログを運営していた場合、「スパム判定」を下されることになり、「手動ペナルティ」を受けてしまいます。これは、実際の経験に基づいての考察になります。


また、1記事あたりの文字数ですが、最低でも700文字以上を意識してみてください。はじめは1,000文字を目標にしておいて、無理そうなら若干減らすというイメージで大丈夫です。短い記事でも検索上位に表示されている記事もありますが、記事内の文章が検索で引っかかることも頻繁にあるので、多いに越したことはないでしょう。


上手い文章ではなく分かりやすい文章を書く

記事を書く際、上手い文章を書く必要はありません。分かりやすい文章を書くことを心がけましょう。一例として欲しいのが、用語の解説を加えることです。

「ひな祭りの由来」を書くなら、「桃の節句」についての記事になるので、記事の合間で「五節句」に関する解説も加えておくと良いでしょう。これで文字数も増えますし、「桃の節句は五節句のひとつで・・・」のみで終わるより、「他の五節句には・・・」と続いた方が分かりやすいですよね。

つまり、「読む人の代わりに先に調べておく」という作業をすれば良いのです。これだけで、記事の分かりやすさが数段アップするはずです。この際は、完全に別の話題に持っていかず、小ネタとして簡潔に書いておくのがオススメです。


内容を掘り下げてリサーチをする

記事のタイトルを考えたあとは、まず「読む人のニーズ」を考えます。「ひな祭りの由来を子どもに伝える方法」というタイトルなら、

・ひな祭りの由来が知りたい
・子どもにも説明できるような伝え方が知りたい

ということですね。

これを考えると、「ひな祭り 由来」と「ひな祭り 子ども 説明」の両方のキーワードで検索をかけてみます。そして、上位に表示されたサイト・ブログをチェックしていきます。使えそうな記事は、新しいタブで開いて、いつでも閲覧可能な状態にしておきます。


また、多くのブログ運営者はオンラインでのみ情報を仕入れようとするクセがありますので、ぜひオフラインでの情報収集も実践してください。例えば、書籍や雑誌を参考にしても良いですし、人に聞いてみても良いわけです。同時に自分の経験も思い起こしてみてください。知らない人に取っては、この経験談を書くだけでも大きな価値となります。

これだけで差別化できますし、新しい価値の提供につながるはずです。(注意:書籍や雑誌などの転載はNGです。引用したい場合は、必ず出典を明記しておきましょう)


目次(見出し)を使ってメリハリを付ける

このように、内容を掘り下げ、リサーチを行ってから、ようやく記事を書き出していきます。まずやることは、キーワードごとに目次(小見出し)を作っていきます。この見出しの作成を行うことにより、テーマ(内容)ごとに文章が整理されるので記事全体が締まります。

僕の場合、目次はこんな感じで作成します。

書き出し
検索からやってきた読者が「戻るボタン」を押さないように、冒頭部分で「この記事には、こんなことが書いてありますよ」という説明を行い、次を読んでもらうように興味を持ってもらいます。


記事の内容1
このタイトルなら、先に「ひな祭りの由来」を紹介していきます。難しい言葉を使うと、読者の興味が失せていくので、極力使わないようにします。


記事の内容2
「ひな祭りの由来」の概要を書き終わったところで、ここから子ども向けの説明方法を書いていきます。この部分では、自分の感想や考えを交えていくと、読者からの親近感が沸いて良いでしょう。


まとめ
最後に記事のまとめとなります。ここでは、記事全体のポイントを今一度おさらいしていきます。最後の最後は、個人的な感想で締めたら良いです。
書いたあとは、文法や誤字脱字のチェックを行い、もう一度読み返してみてください。必ず修正点があるはずです。修正が終われば、いよいよ記事の完成となります。

このように、内容を予め分けておくと、記事内容を考えやすいのでオススメです。キーワードが増えれば、「記事の内容3」「記事の内容4」を足していけばOKです。

続き⇒長く検索されやすい記事ネタの探し方

おすすめの外注講座

ブログ構築作業を全て外注化するマル秘テクニックとは?

完全放置で報酬を発生させる方法を、『FAAP』作者・草薙さんのメルマガで公開中!しかも限定プレゼント付き!!

外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック


gaityu336.png


ブログ運営者


ブログ運営者のたにぞーです。

このブログでは、副業でアフィリエイトを実践したい方へ贈る、僕のアフィリエイト経験をまとめたブログです。

※たにぞーの詳しいプロフィールはこちらから↓

プロフィール

お問い合わせ

アドセンス推奨教材
アドセンスブログ実践記
アドセンス初心者講座
カテゴリー
ブログランキング参加中

人気記事ランキング(過去30日)