僕のせどり始末記〔1〕【黎明編】


a0002_009497


僕が以前にせどりを行っていたことは、他の記事でも明らかにしている通りです。


通常、「せどり」を行っている方は、ある程度の結果が出たら、


・組織化(外注化)を図り効率化
・せどり系情報商材アフィリエイターに転身
・独自のせどり教材販売



このどれかを行うものです。


やはり“せどり=肉体労働”という側面上、お小遣い稼ぎであれば自分1人の作業で良くても、大きく稼ごうと思えば「せどり」以外の部分に力を入れていく必要があるわけです。


ですが僕は、このどれも行わずに「せどり」を廃業して「アフィリエイト」に転身しました。


今回の記事では、この点について記事にしていきます。アフィリエイトのことには触れていないので、単なる「読み物」と思ってもらえたら良いです。

実際に1年半ほど行っていたので、もし「せどりにも興味がある」という方がいたら参考にしていただけると思います。

ちなみにこのブログは「アフィリエイトのブログ」です(笑)


せどり黎明編【概要】


まずは、せどりとの出会いについて書いていきます。この流れを簡単にまとめると、


2012年5月上旬 せどりを知る
2012年5月中旬 せどり実践開始
2012年5月下旬 初報酬&不安点



となります。なぜ、ある程度詳細に時系列を覚えているかというと、僕には記録癖があり「EVER NOTE」というアプリに、気になったものやブログ記事などを全て記録しているためです。


せどりを知る


まず僕がせどりを知ったのは、携帯電話をiPhoneに変えたころです。

ガラケーでは億劫だったネット巡回が楽になり、iPhoneで「はてなブックマーク」を眺めていると、「1日30分で月30万円稼げるAmazon輸入せどりのやり方」という記事を目にしました。

副業に興味があった僕は、この記事が非常に気になりさっそく読んでみました。この記事に書かれていたのは、


・日本のAmazonとアメリカのAmazonに同一商品が販売されている
・もちろんこれらの商品には価格差が存在する
・アメリカのAmazonで価格差のある商品を購入
・日本のAmazonで販売して価格差分の利益を抜く



このような感じでした。

「これはすごい!」と思ったものの、当時は海外のAmazonを利用するなど敷居が高すぎました。もちろん日本のAmazonへの商品出品も分からない状態でした。


そこで、とりあえず「せどり」について情報を集めることにしました。


Yahooの検索窓に「せどり」という単語を打ち込むと、たくさんのせどり実践ブログがヒットしました。ここで良さそうなタイトル・記事を片っ端から読んでいき、以下のことを勉強しました。


・Amazonでの販売は個人でも可能
・主にブックオフの100円本コーナーで仕入れをする
・本の仕入れ基準は100円で購入でき500円以上で販売できるもの
・他の仕入れ基準はランキングを見て判断する



こんな感じです。

この「宝探し」のような作業は、僕を大いに興奮させたものでした。現役せどらーさん(せどり従事者のこと)のブログを読んだ限りだと、ブックオフの100円本コーナーに宝がゴロゴロ眠っている印象を受けたからでした。


せどり実践開始


そこで、iPhone片手にさっそく近所のブックオフへ「宝探し」へと赴くことになりました。ちなみに、このiPhoneでAmazon内での本の価格を調べるわけです。

・・・と意気込んでいたのですが、そう簡単にお宝は見つかるはずもなく、1時間探して見つかったのは1円本の山でした。


ちなみになぜ、Amazon内で本が1円で販売されているのか言うと、これは送料がAmazonから支給されるからです。これにより、安く配送できる業者などは、数百円ですが送料分を儲けることが出来ます。組織化されている業者は薄利多売でも利益が出せますが、これを個人で行うのは厳しいです。


これは厳しい・・・。そう思い出直すことにしました。


さらに詳しい情報収集を済ませた僕は、数日後に満を持してブックオフへと向かいました。


そして3冊ですが仕入れに成功したのです!


しかも1冊は1000円の値段が付いており、ランキングも高く申し分ない商品でした。ちなみにその本は『声を出して読む日本語の本』というタイトルで、現在もよく売れています。



そしてAmazonの出品者アカウントを取得し、破れや書き込みがないか本を検品、ようやく出品となりました。なお、この3冊はAmazonの最安値に設定しました。


初報酬&不安点


そして次に目を付けたのが、CD・DVDなどのディスク系せどりでした。仕入れ値は本より高額になるものの、その分利益が高いのが魅力です。そこでブックオフに赴き、仕入れたのがプロフィールでも紹介した『舞台「戦国BASARA」DVD 初回限定版 』です。



なぜこれを見つけたかというと、通常版と限定版がブックオフの棚に並べてあり、なぜか同じ価格だったわけです。

そこで手に取って調べると、もちろん初回限定版は高額で取引されていました。ですが、これを買うと3000円ほどの仕入れとなるので、「売れなかったらどうしよう・・・」との不安もありました。


しかしこの不安は杞憂に終わり、このDVDはAmazonに出品して数日後に売れたわけです。そして念願の初収入をゲット。続いてブックオフで仕入れた本や自宅の不要本が売れたりして、開始早々で数千円の利益が発生したのでした。


これが「アフィリエイト」と比べて「せどり」の優れた点で、報酬の発生が早くモチベーションの維持が容易なのです。


ですが、ここで気がかりな点もあり、それが、


仕入れ姿を知り合いに見られたらどうしよう・・・
店員さんに注意されたらどうしよう・・・
お客さんに不審者と間違えられたらどうしよう・・・



という、何とも小心な発想でした。


なので、ブックオフでの仕入れの際は、iPhoneのシャッター音が鳴らないカメラアプリで本のタイトルを撮影、家に帰ってから数時間かけて仕入れ対象かどうかをチェックしていました。

これで基準を満たした物だけをメモしておき、後日仕入れに行くというわけです。これが思ったよりも大変で、本のタイトルを手打ちでスマホの画面に入力する作業を延々と繰り返したわけです。


しかし、この作業を覆す謎の仕入れ方法が存在したのでした・・・。


それでは次回に続きます。


続き⇒僕のせどり始末記〔2〕【躍動編】



ブログ運営者


ブログ運営者のたにぞーです。

このブログでは、副業でアフィリエイトを実践したい方へ贈る、僕のアフィリエイト経験をまとめたブログです。

※たにぞーの詳しいプロフィールはこちらから↓

プロフィール

お問い合わせ

アドセンス推奨教材
アドセンスブログ実践記
超効率アドセンス
アドセンス初心者講座
カテゴリー
ブログランキング参加中



にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

人気記事ランキング(過去30日)